マッチングサービス」タグアーカイブ

CtoCマッチングサービスで起業する場合のTips

こんにちは。石川です。

毎週日曜日に記事を更新しています。
昨年12月ごろにずっと病室にいる生活になったことをきっかけに文章を書き始めましたが、1ヶ月半近くは毎日更新していました。3000字ぐらいの記事を毎日書いてました。それに比べると週1回は楽勝です。

「あえてハードルを一気にあげる」は、一段階レベルをあげるときに有効な作戦だと思います。
近代三種というスポーツをやっている人のドキュメントを見たのですが、その中に射撃があります。優勝したその子は、試合で扱う的よりも1cm小さい的で普段は練習してるんだそうです。
どの分野でも応用できそうですね。

さて、今日もビジネスの話です。

今回は、CtoCサービスがテーマです。

パソコンとスマホがここまで普及してきた影響で、マッチング系のサービスはうじゃうじゃ世の中に出てきています。まだまだ隙間はあると思っていて、今後もまだまだマッチング系のサービスは出てくると思っています。

CtoCとは、簡単に言えば「個人間マッチングサービス」のことです。

いろんな分野でCtoCサービスがあります。

モノ売買を行うメルカリ。

配車アプリのuber。

スキルをシェアするココナラ。

ハンドメイドのminne。

空きスペースを扱うスペースマーケット。

などなど。まあ、キリがないですね。
様々な分野で個人間マッチングサービスが存在しています。

一般の人が何か商品を出せて、一般の人がそれを購買するモデルです。
事業者側は、そのプラットフォームを提供します。

起業や新規事業を考えている人の中で、マッチング系のサービスを構想する人もたくさんいるのではないかと思います。

マッチングサービスは薄利多売

基本的にマッチング系サービスでは、手数料を抜くモデルになります。だから利益率としては、低めになりがちです。よって、大前提として、マッチングサービスをやるならばある程度スケールさせていくことを狙う必要があると思います。ある程度大きくしてナンボのビジネスモデルと言えるかと思います。

また、マッチングサービスを実際にやってみるとわかりますが、運営費も普通にかかります。システムさえ作れば、ほぼゼロと思っている人も多いですが、取扱量が増えるに連れて運営コストも大きくなりがちです。規模に比例して、運営コストが膨らまないように運用を設計していくことも大事ですね。

また、ここから何が言えるかと言うと、各業界にて何社もマッチング系サービスが並立することは困難であると言うことです。極端に言えば、最終的に生き残るのは、各分野1社か2社だと思っていいと思います。

マッチングサービスは、ネットワーク外部性が働く

これは、よく言われることですが、例えばFacebookではネットワーク外部性が働きます。
ネットワーク外部性とは、「利用者が増えれば増えるほど、そのサービスの便益が上がること」を指します。コミュニケーションを楽しむFacebookは、多くの人が使っていることが前提になります。周りの人が使っていなかったら、自分も使う意味は無くなりますよね。そういう意味では、今の10代の若者たちはFacebookを使わない人も多いので、だんだんと使われなくなっていくでしょう。

マッチング系サービスも一緒です。使う人がたくさんいてナンボのサービスです。参加者が少なければ、便益は低くなります。だから、まずはとにもかくにもたくさんの参加者を集めていくことがポイントになってきます。

また、先行者優位が大きく働くモデルであるとも言えると思います。当然ながら早く始めた方が、知名度も利用者もどんどん積み上がっていく可能性は高いです。

マッチングサービスは、ぶっちゃけ真似するのが簡単で誰でも作れます。
誰でも作れますが、そこにいる参加者の量と質が重要で、それは一朝一夕では真似しずらいです。(後発の競合が、引き抜きする場合もあるけどね)
何より早く始めちゃうのが、大きな強みになります。

提供者側が先か、利用者側が先か

あちこちでよく議論される議論です。だいたいどのマッチング系サービスにもサービス提供者側と、サービス利用者側が存在するかと思います。そして、「どちらを先に集めていくのか?」はよく聞こえてくる疑問です。

A面B面どちらも揃えていかなければいけないのがマッチングサービスです。提供する人がいなければ商品が少ないことになりますし、利用者側がいなければ提供者側も去っていきます。相互依存の関係ですので、どちらもいなければ成立しません。

時間軸として見るならば、サービス立ち上げ当初の段階としては、「提供者側を集めることに集中する」が僕の考えです。使える広告費がふんだんにあって、一気に勝負をかけるならば両側を集めることにお金を投下しても良いかと思いますが、コストを抑えてサービスを立ち上げていく場合は、提供者側を集めていくべきだと思っています。理由としては、商品をふんだんに揃えることによって利用者側も集めやすくなるからです。商品が少ない状態で、利用者側を集めても効果は薄くなってしまい、費用が無駄になる可能性があります。ですので、まずは一気にサービス提供者側を営業や広告などで集めていくのが良いかと思います。

使われる理由があるか

サービスそのものの設計に関わる部分ですが、マッチングさせる2者共に「そのサービスを使う理由があるのか?」をシンプルにかつ深く考えていく必要があります。
ただし、これに関しては結論「やってみなきゃわからん」と言う色が強いと個人的には思っています。

新規サービスというのは、立ち上がりが一番ムズイです。
ある程度売れて安定するまでです。知名度もない、金もない、使える脈もない中でサービスを立ち上げて、世の中に埋め込んでいくまでの過程が本当に難しいです。

マッチングサービスも然りで、上述の通りまずはサービスを立ち上げて、人を集めて、知名度も上げていくところからスタートです。多くの新規サービスが、人が集まらないまま頓挫するものがほとんどです。「使われる理由があるのか」を検証する前に終えてしまうのは勿体無いので、まずは何としてもある程度の商品(提供者側)を揃えていくところから始め、人が集まってきたら、ユーザー価値の検証つまり「使われる理由があるのか」を確かめていくのが良いと思っています。

以上、ざっくりとCtoCのマッチングサービスについてのトピックでした。
僕も今、CtoCのサービスを一つ作っています。
来週あたりには出せるかと思いますので、立ち上げていく過程をリアルタイムで情報発信していけたらと思います。このブログで無料で赤裸々に書いていきますので、ツイッターなどもフォローいただけるとありがたいです。

 

 

【ララボ】
勉強以外の子供向け家庭教師マーケット「ララボ」を運営してます。子供達の将来の選択肢を増やすために日々頑張ってます。
・子供が興味のあることを教えてくれる先生を探せます
・ギター、絵画、ファッションデザインなど自分の好きなことで家庭教師に今すぐ登録できます。
興味がある方はコチラ↓

家庭教師マーケット「ララボ(LeLabo)」

ツイッターを楽しみたい方はコチラ↓

イシカワのツイッター