ビジネスモデル」タグアーカイブ

起業を考えるならビジネスモデルの軸をズラそう

こんにちは!石川大貴です。

さて今日は、ゴリゴリのビジネスネタです。

僕は、ベンチャーにいた時に占い市場で事業立ち上げを経験したことがあります。結果から言うと、その事業自体は失敗に終わり1年ほどで撤退しました。(「なんで占いやねん!」というツッコミはおいておきます。自然の流れでそうなりました笑)

沢山の方にお世話になったのに、恩を返せず申し訳なかった痛い経験です。資金もいくらか失いました。

まあ、失敗した原因はたくさんあります。

起業というのは、ひとえに「これとこれとこれをきちんとやれば上手くいく」というような単純なものではないと僕は思ってます。料理のように、お肉と人参とじゃがいもをいれて、酒大さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1、砂糖を少し入れて…みたいなレシピ通りにやれば再現性の高いものが作れるわけではないです。

ビジネスは、あくまで「関数」であり、その要素は無限にあります。いろんな要素が絡み合って、結果に影響してくるので、再現性の高い確実な起業レシピは存在しないと思ってます。大きくすることを目指す事業を始める場合は、特に難しいです。見えないことや読めないことも多いからです。

今回失敗した原因はなにか!?

その中でも、一番の原因を1つだけあげるならば「ビジネスモデルの軸をずらさなかったこと」だと考えています。どういことか説明します。

ビジネスというのは、突き詰めて言うと「ビジネルモデル × 人 × お金」この3つのかけ算で成り立ちます。

当たり前じゃんと思われるかもしれませんが、この公式がめちゃくちゃ重要で、僕は今めちゃめちゃ深いことを言っています(自分で言うな笑)。

さっき言ったように色々な要素が関わってくるのは事実ですが、削ぎ落としてシンプルに簡素化して言えば、という話です。

そして、これは足し算では無くて掛け算です。容易に想像できると思いますが、スタートアップというのは基本的には人も金をかなり少ないことが多いわけです。この感覚は、実際に事業をやってみないと分からないと思いますね。資源が少ない、資源を獲得してくる方法もよくわからない、という状況はだいぶ無茶な無理ゲーです。とにかくしんどいっす。

で、僕たちが占い市場で挑戦したのは「電話占い」というビジネスモデルでした。電話で占い師とお客さんをつなぐビジネスモデルです。

参考までに、占いの市場は、市場規模としてはかなり大きいです。電話占いをやっている会社も既にたくさんあって、お客さんもたくさんいるという状態でした。

我々はwebの知識がある程度あったので、どこか古臭いこの占い業界でなら勝てるんじゃないかと安易に思ってました。まずは、電話占いというビジネスモデルで始めてトントンになってきたら、新しいことを始めたり、差別化していけばいいかななんて思ってました。

しかし、結果はなかなか採算が合わない。市場はでかいんだけどレッドーシャンすぎて、供給側(つまり占い師のこと)を集めるのも大変、広告を打ってもなかなかお客さん側も来てくれない。同じようなサイトがありすぎてなかなか上に上がってこないという状況でした。もうまさに、ガチンコの体力勝負。

ある程度は思っていたものの、想定以上の無理ゲーでした。僕たちは短期で結果を出し、勝ちに行きたかったのですがそれは叶わないと悟りました。

ここで、さっきの数式を考えるとふっと腑に落ちます。

ビジネスというのは、「ビジネルモデル × 人 × お金」です。

要するに、他社とまったく同じ「ビジネスモデル」で持って投入しても、「人」と「お金」が圧倒的に少なければ、出力される結果は散々になるわけです。

だから、僕たちが最初からやらなきゃいけなかったのは、「ビジネルモデル」の軸を完全にズラすことでした。

「ズラす」というのは、他社より安くするとか、他社より質を良くする、とかそういうことではありません。それでは同じ「ビジネルモデル」です。同じビジネスモデルでは所詮、人、金の勝負です。気合で死ぬほど働いたところで、資本の力には敵いません。

「ビジネスモデル」の軸をずらすというのは、どういうことなのか?

例えばですが(上手くいくかどうかは別として)、現場の業界、他社のサービスが有料なのであれば、それを完全に無料で提供する。とか、他社のサービスが都度課金性ならば、月額のサブスクリプションモデルにする。とか。はたまた、他社のサービスでは人間が占いをやっているのであれば、それを音声データを取って完全にAIに占いをさせるとか。

まあ成否はともかく、ビジネルモデルの軸を大きくずらすというのは、そういう感じです。そうすれば、戦う土俵が変わります。土俵が変われば、人やお金勝負でなくても勝てる可能性がグンと上がります。

「どうやってビジネスモデル軸をずらせるか」を最初から考えなきゃいけなかったわけですね。僕は気づくのが遅すぎましたけど。

レッドオーシャンで挑もうとしている、既存プレイヤーが沢山いる市場、成熟市場で挑もうとしているベンチャーの場合は、改めて考えてみると良いかと思います。

以上、起業や新規事業を考える場合は、ビジネスモデルの軸を思いっきりずらそうねという話でした。

ありがとうございました!それではまた。

 

こんなビジネスモデルどう?無料モニターのマッチングサイト

こんにちは。石川大貴です。

さて、昨日はビジネスの作り方の話をしたので、今日は、こんなビジネスいけんじゃね?という一例を紹介します。言っておきますが、だいぶテキトーです。

僕は、マッチングサイトの運営をしてた時期がありました。toC向け(toCとは一般のお客さん向けってこと。逆はtoB。対企業のこと)のサービスです。

toC向けのサービスは、とにかく最初の営業が大変です。
どうやってサービスを広めていくのか、が大変です。

もともとの資産(使えるお金、実績、人脈など)が少ない場合はめっちゃ大変ですね。

で、最初のスタートの時期に無料でまず使ってもらうやり方は一つの施策としてあります。
いわゆるフリーミアムモデルです。サービスが一回きりではなく、継続して使ってもらえる性質のあるサービスでは有効です。

目を付けるのは「モニター」という仕組みです。

よくサービスをお試しで使ったり、体験したりするモニターのことですね。

それで、実際僕も事業者側として、この無料モニター施策をやったことがあるのですが、
一般のモニターさんを集める作業は意外と大変でした。というか、募集する手段がなくて、きつい。

モニターはまずは、身内や自分の周りで集めるというのが鉄則です。
一般的にみんなに使ってもらえるようなサービス性質であれば簡単だと思いますが、占いなど、人を選ぶようなサービス性質の場合は集めるのが、なおさら大変です。

身内や自分の周りでいなくなったら、その後は他人で集めなきゃいけないわけです。
モニターを募集できるサイトはあるのですが、これがすげー高いんです。掲載するのに数千円とか1万円とかするわけです。払ってられるか!って思います。

それでも、有料でこういうモニターサイトを使っている企業はたくさんあります。
なぜ高額でも使えるかというと、それだけ払っても、お金が戻ってくるからです。

toC向けサービスの場合は、LTVという概念を大事にします。
LTVとは、ロングタイムバリューつまり、お客さんが長期で使うお金のことです。

仮に無料モニターを一人集めるのに1万円かかったとしても、その人が、1回3000円の商品を4回以上買ってもらえるのであればそれはペイするわけです。LTVは1万2千円で、かかった費用を超えますからね。

逆に無料モニターを集めるのに1万円かけても、その人のLTVが一万円以下ならば赤字です。
一回しか使ってもらえない商品特性ならば、モニターを集めれば集めるほど赤字になっていきます。そういう考え方をします。

少し話がずれたので元に戻します。

とにかく、僕はモニターを集めるのに困ったわけです。

新しく始めたサービスだったのでどれくらいのLTVが見込めるのか定かじゃなかったし、そんなにかけられる現金も手元になかった。

この無料モニター集めに困っているというニーズは結構あると思います。
スタートアップ や、小規模事業者、個人事業主などでしょうか。

例えば、一番身近な例でいくと美容師の卵さんもそうです。

専門学校を出ると大体の人がアシスタントとして2年ぐらい修行します。
その期間に練習をしなきゃいけないわけですが、カットモデルを探すのがまあ大変なわけです。
お金もないし、休みも少ないのに、その貴重な休日でわざわざビラ配りしてカットモデル(練習台)を自分で探しているアシスタントさんもいます。

一方で、「無料ならば」無料モニターとして使いたい、という人は世の中に結構多いと思います。

「無料」にはとてもとても大きな魔力があって、タダは人を惹きつけます。サービス運営してた者としては、これは肌感覚としてあります。

ということで、こちら。
①Who is customer?
→モニターを集めたいベンチャーや個人事業主
②What is problem?
→お金をかけずに(自分の周囲じゃなくて他人の)モニターを集めるのに困っている
③solution
無料モニターを募集できるマッチングサイト

マッチングサイトということで、二者いるので…
①Who is customer?
→節約思考のある人。20代30代の男女。低所得者、主婦、高校生など。(ここは全然絞れてないから検証が必要だね)
②What is hope?
→いつも使っているサービスがタダで手に入るのならば、タダが良い。
③solution
無料モニターを利用できるマッチングサイト

みたいな感じですね。
無料モニターのマッチングサイトです。

まあ、似たようなサイトはあるのですが、一人勝ちしてるとこはないと思うので、いけるんじゃないでしょうか?笑

もちろんしつこく検証してみる必要はありますが、可能性はあるかもなと思います。
大事なのは、無料だけを扱って広く集めるという点です。
募集する方も、利用する方も、です。

モニター募集するのにお金がかかったり、
利用する側も、有料になったり手間がかかったりした瞬間に、上の3つの仮説は崩れてビジネスモデルが崩れます。だから、必ず無料です。

オンラインでいけるものは、全国で。無料のお試し食品とか、チャット占いとか。
リアルのものは自分の住んでいる地域から探せるように。無料カットや、無料マッサージや、無料ネイルや、遊園地の無料券など。そんなのが色々並んでいたら、まあ使ってみようかなとは思うんじゃないかと。全部無料なんで。

マネタイズはまずは広告モデルかもしれませんね。
(ただここがまた難しくて収益化できないかも笑)

そして、僕だったら、まずは占いコンテンツを増やして始めます。

マッチングサイトはまずは人を増やしていくことが重要です。

引きの強いコンテンツとそうでないコンテンツというのがあります。やってみないとわからない部分は多いですが、いろんなカテゴリーを用意するにしても大体80対20の法則が働きます。偏りが出ます。

無料占いというのはめちゃくちゃ引きが強いので、まずは占い会社に営業して無料モニターを出品してもらって、そこから攻めていくやり方にします。

ってなことで、気になる人がいたらぜひやってみてください笑。誰もやらないのであれば、超暇になったら作ってみるかもです笑。

それでは、また明日〜。