メルカリ」タグアーカイブ

後払いシステムが増えてきたけど、これってどうなの?

こんにちは、石川大貴です。

さて、

僕は、たまにメルカリを使っているのですがここ最近新しい機能が増えました。

それは、「後払い」です。

メルカリで買いたい商品を選択して購入ページにいくと、支払い金額のすぐ下に
「〇月○日までの後払いで今すぐ購入OK」
という文字が出てくるようになりました。目立つのでわかります。

もしかしたら僕が気づいていなかっただけで、後払い機能自体はこれまであったのかもしれないですが、「購入まで至るフローで誰もが見える箇所に追加」されました。

この「後払い」なのですが、需要としては結構大きいと思います。

前にとあるwebサービスを運営していた時に、後払いシステムの導入を検討したことがありました。というのも、後払いを求めるお客さんがちらほらいたからです。

後払いシステム代行を専門にしているビジネスもあるくらいなので、その需要の大きさがうかがえます。まあ、後払いを普段使わない人にとっては、まじで!?と思うような事実なのかもしれないですね。結構いるんです。

一方で、未収のお客さん(払わない確信犯or払えなくなる人)も少なくない割合で存在していて、そのお客さんに対してきちんと払ってもらえるよう「催促」する運用体制も重要にはなってきます。僕も、「払えよ!おい」って電話をしたことがあります笑。貴重な体験でした。(未収になる割合は、そのサービスの顧客性質にもよります)

ビジネスとしては、需要があって、運用コストに見合うだけの見返りがあるならば、
(もう少し具体的に言えば、「後払いを導入したことで増える売上」-「後払いシステムにかかる運用コスト」=正になるならば)
後払いを導入することは正解だとは思います。

一時期前に、ゾゾタウンの前澤さんがツケ払いを導入したことがだいぶ話題になりましたね。もちろん、あれ以前にも後払い対応しているビジネスは多々ありましたが、影響としては大きかったと思います。あれから数年で後払いが一気に増えたな〜という印象を持ちます。メルカリも然り。

ただ、個人的にはこの後払いシステムはあまり美しい形ではないなーと考えています。

後払いとは、
「今手元に払えるだけの余裕資金がない。でも、それが欲しい」ということです。

使う層は、お金が有り余っている層ではないはずです。

さらに、勉強や体験など何か将来への投資として後払いで購入するならまだしも、おそらくほとんどがそうではないはずです。”今欲しいもの”を買っているはずです。

僕は、ビジネスにせよ寄付にせよどんな形であれ、「相手からお金をいただくという行為」は、「相手の体力を削る行為」だと考えています。だから、事業者はそのことに対して責任を持つべきであると思っています。そんなでは甘っちょろくて会社は生きていけんわ!という、ビジネスマンからの叱咤が飛んできそうですが。

お金をいただくということは、基本的にはそのお金はその人が働いて稼いだお金から出ています。つまり、その人の「労働」からお金が捻出されています。
さっき言った通り、後払いを使っている層は、お金が有り余っている層ではないので、余計その色が強いはずです。自分の時間を切り売りして働いて、お金を稼いでいる人たちです。

後払いまでして、「現在」の欲を満たすために商品を買う。
それは、ツケを払うために「未来」の労働を約束することに他なりません。
給料日を待っている場合も同じで、ツケ払いしてなければ出て行かずに手元に残ります。

それは、もし「後払い」が存在しなければ、本来使うことのなかったお金なのかもしれません。
ん〜どうなんだろう。。。

今話しているのは、ビジネスとしてより人間としてどっちが良いのだろうという話です。

ビジネスとしては、導入することがおそらく正解なんだろうと思います。儲かれば正解だから。

ただ、人として考えたらどちらが素敵な形なのかな?というのは事業者としても考えてみる価値がある問いかけかと思います。

以上、今日は後払いビジネスに関するお話でした。
また明日!